対馬について

対馬は九州最北端に位置し、長崎県に属しており本土から132Km、韓国まで49.5Kmという日本で大陸に最も近い国境の島です。
北方領土を除き、全国で奄美大島に次いで4番目に大きな島で、古来より大陸の中継地としてわが国の政治・文化に大きな影響を与えてきました。
三世紀の中国の史書「魏志倭人伝」には対馬を経由して邪馬台国に渡ったことが記されている歴史の島でもあります。
また、対馬を統治してきた「宗家」は、鎌倉時代から600年以上も絶えることなく、明治維新まで続いた日本でもめずらしい藩主でした。
中心都市の厳原は藩主「宗家」の城下町として栄え歴史的遺産が数多く残り、さらには対朝鮮外交の窓口として、朝鮮通信使がこの島を経由して徳川幕府に対する使節団として、江戸までの長い道中壮大なパレードが展開されました。